マイクロソフトオフィススペシャリストの正式名称はMOUS?それともMOS?

Microsoft Office User Specialistという名前で、頭文字から「MOUS」という正式な略称を持っていました。しかし「MOUS」は「マウス」と読めてしまうので、マウスを使った試験なの?という誤解が生じることもありました。そこで解りやすいように、2003年に名称が変更されたのです。ですから「MOS」と「MOUS」は同じ検定試験、資格なのですね。ただし、残念ながら「MOS」は、正式な略称ではなく、マイクロソフト社は公認していません。どちらかというと公式には使ってはいけないということになっているようです。そのため参考書や会場、認定講座などでは、この名称は使われていないので、履歴書に書くとき、社内で使うときなど、略称を使わないと覚えておくとスマートですね。

おすすめ講座BEST3
自分のペースで勉強するなら通信講座のユーキャン
通信講座 家事や仕事に忙しい方におすすめの勉強方法は「通信講座」です。家にいながら自分の好きな時間だけ勉強することができます。その中でも人気の高い通信講座はCMでもおなじみのユーキャンですね。まずは資料請求からはじめよう ・・・ユーキャン公式サイトはこちら
スクールで学びたいなら「ケイコとマナブ.net」
スクール 自分ひとりではイマイチ勉強がはかどらない方はパソコンスクールに通うことがオススメします。スクールに行けば先生が見ているから嫌でも勉強せざるを得ませんからね。スクール探しなら「ケイコとマナブ.net」を使えばカンタンに探せます。 ・・・ケイコとマナブ.net公式サイトはこちら
テレビ電話で学ぶならエルスクール
ライブサポートシステム [el]:school(エルスクール)が行っているライブサポートシステムってご存知ですか?普通の通信講座と違い、テレビ電話のように質問できます。わからない部分が出たら「先生に聞くボタン」を押すだけで、その場で先生が教えてくれます。 ・・・エルスクール公式ページはこちら

MOUS(MOS)資格試験をやさしく解説項目一覧

MOUS(MOS)資格
MOUS(MOS)ってどんな資格?
マイクロソフトオフィススペシャリスト、MOUS(MOS)とはどんな資格なのか?MOSを持っていることで ・・・詳しくはコチラ
MOUS(MOS)試験を徹底分析
検定試験を徹底分析。ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルック、目指せオフィスマスター! ・・・詳しくはコチラ
合格を勝ち取る為に
試験で合格するための対策、勉強方法について解説。スクール、通信講座、独学、現場で勉強のどれが良いのか? ・・・詳しくはコチラ
MOUS(MOS)を生かした仕事選び
資格を取った後の活かし方、仕事の選び方、派遣社員を初めとするその後の選択肢についてのアドバイス ・・・詳しくはコチラ
MOUS(MOS)検定受験レポート
資格の検定試験を実際に受けた人間が語る試験中でのトラブルお助けのためのアドバイスなど ・・・詳しくはコチラ
ズバリ疑問にお答えします!
試験での内容、試験時間、問題数、合格するための勉強時間、受験日などについてよく聞かれる質問 ・・・詳しくはコチラ
ポイントを押えて合格!
ワードスペシャリスト、エクセルスペシャリスト、パワーポイント、アクセス、アウトルック、ワードエキスパート、エクセルエキスパート ・・・詳しくはコチラ
MOUS(MOS)の次に目指す資格
マイクロソフトオフィススペシャリスト、MOUS(MOS)と複合で取ることでオススメな資格とは ・・・詳しくはコチラ
MOUS(MOS)資格試験サイトの注意点

※ MOSはどこにいっても使える!
主人の転勤で引越しすることになったのですが、引越し先でもMOSの資格を持っていたことから、苦労せずにパートで働くことが出来ました。取得自体は難しくないので、費用対効果という面でみてもかなり良い資格だと思いますね。勉強にお金はすごくかかるけど仕事に使えない資格も沢山ありますからね・・・。毎月の住宅ローンの支払いがしんどいので、少しでもお金が欲しいですからね~。


 
Copyright © 2006~2010 MOUS(MOS)資格試験をやさしく解説. All rights reserved