バーションって何?

さて、バージョンという言葉…聞いたことがあるでしょうか?

オフィスに限らず、ウィンドウスやインターネットエクスプローラーなど
パソコンライフで日常的に他のソフトもバージョンという言葉が必ず
ついてきます。

バージョンは日本語で言うと「版」。
本が誤植などを修正しながら年月と共に版を重ねて行くのと同じで、
ソフトウェアも機能をアップをしたり、
不具合を修正ながら常に新しいものへと改善を重ねています。

オフィスも例外でなく数多くの歴史を重ねて、現在の形に至っているのですね。そのため、MOSも現在主要のバージョンごとに試験が行われています。

同じワード、エクセルでも、バージョンが違えば、違う試験となります。残念ながら、MOSはソフトのように更新したりやバージョンアップできません。

ソフトは日々改善を重ねていきますから、
MOSもそれに対応して行く形で、進化をしていきます。
従って、出来るだけ新しいバージョンのMOSを持っていたほうが
将来的な有効期間が長いと考えて良いでしょう。

注意しておきたいのは、MOSの上位資格「マスター」を目指す場合、
同じバージョンのMOSをそろえておく必要があります。
頭の片隅にでも、覚えておいてくださいね!

MOUS(MOS)のマスターを目指す

関連エントリー

 
Copyright © 2006~2010 MOUS(MOS)資格試験をやさしく解説. All rights reserved