ワードスペシャリスト

ワード


オフィスで使用される文書は
ワープロソフトと呼ばれるもので作られることが多く、
ワードはまさにそのワープロソフトの代表格。
ワードスペシャリストはそんなことから、とても人気のある資格です。

スペシャリストレベルの試験範囲を見ると
「ワードの機能をいかに幅広く理解しているか」ということに
重点が置かれています。

ワードはとても多彩な機能を備えていますが、
業務で使うものとなると機能は限られてきます。
スペシャリストレベルの試験範囲を網羅すると、
こんなことがこんな操作で出来るんだということを改めて知る
チャンスだと捉えて、基本機能を抑えつつ合格を目指しましょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2006~2010 MOUS(MOS)資格試験をやさしく解説. All rights reserved