レベルって何?

試験には、二つのレベルがあるのですが、
Microsoft Office Specialist公式ページによると以下のように
なっています。

スペシャリストレベル
基本的な機能を効率よく利用して、一般的なビジネス文書や スプレッドシートを作成し、その変更・印刷等の作業を行うことができる
エキスパートレベル
スペシャリストレベルで要求される基本的な機能を十分理解した上で、 用途や目的に応じて、環境設定・デ−タの有効活用等の高度な機能を 駆使した作業を行うことができる

あわわ…思わず、経験者でも構えてしまう記述ですね…!

スプレッドシートというのは、大きく言えばエクセルなどの
表計算ソフトのこと、

ビジネス文書と言うのは仕事で必要とされる書類…
これらの基本的な使い方をマスターしていれば
「スペシャリストレベル」は大丈夫ということですね!

それを踏まえて、そのソフトの機能を十分に生かす高度な技術、
プログラムやデータの活用などが専門てきな要素が求められるのが
「エキスパートレベル」ということになります。

受験料も異なります、どっちにしてもこの金額はお財布が痛い…!

★スペシャリストレベル・10,290円(税込)
★エキスパートレベル・12,390円(税込)

うーん、高い…!f(ToT;
自分に見合ったレベルを一発で仕留めたいところですね!

関連エントリー

 
Copyright © 2006~2010 MOUS(MOS)資格試験をやさしく解説. All rights reserved