ワード2003エキスパート

「スペシャリストレベルで要求される基本的な機能を十分理解した上で、用途や目的に応じて、環境設定・デ−タの有効活用等の高度な機能を駆使した作業を行うことができる 」と公式サイトに書かれています

では、具体的な試験範囲を見てみましょう。

【ワード2003エキスパート試験範囲】
※公式サイトより抜粋

コンテンツの書式設定
・文字列、表、および箇条書きのスタイルの作成
・改ページの制御
・高度なレイアウト機能を使用した画像の書式設定、位置の設定、およびサイズの変更
・オブジェクトの挿入と変更
・他のデータを使用した図表やグラフの作成と変更

コンテンツの整理
・箇条書きと表の並べ替え
・表での計算の実行
・表のカスタマイズ
・自動ツールを使用した文書の要約
・文書内で移動するための自動ツールの使用
・定型書簡へのデータの差し込み
・宛名ラベルへのデータの差し込み
・XMLファイルを使用した文書の構造化

文書の書式設定
・フォームの作成と変更
・背景の作成と変更
・索引と目次の作成と変更
・文末脚注、脚注、図表番号、および相互参照の挿入と変更
・グループ文書とサブ文書の作成と管理

グループ作業
・変更履歴の記録オプションの変更
・Web文書の発行と編集
・文書の版の管理
・フォームと文書の保護と制限
・文書へのデジタル署名の添付
・文書のプロパティのカスタマイズ

Wordのカスタマイズ
・マクロの作成、編集、および実行
・メニューとツールバーのカスタマイズ
・既定の設定の変更

ちょっとしたFAX送信状やご案内プリントを作成しただけでは、
全く使わない機能が多々試験範囲に上がっていますね。
スペシャリストコースを取得した上で、更なるスキルアップを
目指しましょう!

関連エントリー

 
Copyright © 2006~2010 MOUS(MOS)資格試験をやさしく解説. All rights reserved