エクセル2003スペシャリスト

「基本的な機能を効率よく利用して、一般的なスプレッドシートを作成し、その変更・印刷などの作業を行うことができる」と公式サイトに書かれています

では、具体的な試験範囲を見てみましょう。

【エクセル2003スペシャリスト試験範囲】
※公式サイトより抜粋

データとコンテンツの作成
・セルコンテンツの入力と編集
・特定セルコンテンツの選択
・関連のある情報の検索、選択、および挿入
・画像の挿入および配置とサイズの設定

データの分析
・[オートフィルタ] を使用したリストのフィルタ処理
・データの並べ替え
・数式の挿入と変更
・統計関数、日付/時刻関数、財務関数、および論理関数の使用
・ワークシートのデータをもとにした図表とグラフの作成、変更、および配置

データとコンテンツの書式設定
・セル書式の設定と変更
・スタイルの設定と変更
・行と列の書式の変更
・ワークシートの書式設定

グループ作業
・コメントの挿入、表示、および編集

ブックの管理
・テンプレートを使用した新規ブックの作成
・セルの挿入、削除、および移動
・ハイパーリンクの作成と変更
・ワークシートの整理
・他のビューでのデータのプレビュー
・ウィンドウレイアウトのカスタマイズ
・ページ設定
・データの印刷
・フォルダを使用したブックの整理
・適切な形式でデータを保存する操作

「訳がわからない」「カタカナが多い…!」そう思いませんか?

実はエクセルには専門的な用語が多いのです。
使っているうちにすぐ覚えるのですが、最初は違和感を感じるかも
しれません。一つ一つ調べるより、使いながら覚えましょう。

この試験範囲もエクセルの特徴を生かした文書を作って、使って、
印刷して管理する企業での一連の流れを網羅しています。

関連エントリー

 
Copyright © 2006~2010 MOUS(MOS)資格試験をやさしく解説. All rights reserved